メニュー

校長挨拶

ひとすじ つらぬく 星となれ

校訓の「強く 明るく 優しく」は、それぞれ梅・桜・撫子の花にたとえ ・厳しい北風にじっと耐えながらも、ふくいくと薫る梅の花のように気高く強くあれ ・穏やかな春の陽をうけて輝く桜の花のように明るくはつらつとし、健康であれ ・あなたがそこに居るだけで周囲の人を和ませる撫子の花のように思いやりと 優しさをもった人であれ
と謳ったものです。
無限の可能性を秘めた あなたたち 希望と夢膨らむ あなたたち
「ひとすじつらぬく星」となるための 豊かな出会いを 本校でしてみませんか。
「ひとすじつらぬく星」となるための 真の学びを 本校でしてみませんか。
「ひとすじつらぬく星」となるための 新たな自分を 本校でみつけてみませんか。
宮崎学園中学校は、輝く未来のために本気で学ぶあなたを全力で応援します。

宮崎学園中学校・高等学校長
佐藤 公洋

設立の趣旨

「勤労・礼節」~礼節を重んじ 勤労を尊ぶ~

「礼節」「勤労」は、古来、人々の生活の中で大切にし、日本人の美徳として高められてきたものであり、これからも永久に日本国民の誇りとなるものです。
昭和14年に設立した本学園は、「礼節・勤労」を建学の精神とし、時代がどのように変わろうとも、この建学の精神は、人としての根幹であり、創造の源として、創設以来継承しているところです。

礼節

よりよい社会生活を営むため、基本精神である自と他をともに尊重する心を育み、マナーとけじめのある生活習慣を身につけます。

勤労

どのような困難に接しても、誠実に責任を持って実践する精神を培い、勉強や仕事に精一杯努力する姿勢を身につけます。

  1. 建学の精神「礼節・勤労」は、時代がどのように変わろうとも、人間の根幹であり、創造の源であり続ける。 中・高一貫教育をとおして、21世紀を担う生徒を育成する。
  2. 日本はもとより世界に羽ばたく人材育成のため、宮崎学園高等学校特進科と一体となった中高一貫教育校として難関国公私立大学に合格できる教育の推進を図る。

教育目標・努力事項

教育目標

“豊かな感性”を育み、“高い学力”を目指す。

  1. 建学の精神「礼節・勤労」にふさわしい校風の確立を図ります。
  2. よき大人としての人格と高い学力を育成します。
  3. 生徒の多様な能力を引き出し、国際社会に羽ばたく人材を育てます。

努力事項

生徒や保護者にとって“安心できる学校”を目指す。

  1. 授業を大切にし、高い学力を育成します。
  2. 読書を基盤として豊かな心と知的好奇心を育成します。
  3. 芸術教育を重視し、みずみずしい感性を育成します。
  4. 「礼節・勤労」に基づく礼法教育により、品格・品性を育成します。
  5. 豊かな人間関係を通して思いやりや人の痛みの分かる心を育てます。